出展:写真AC

レンタルサーバを契約した、WordPressのインストールした、テーマも決めた。
でもまだ記事を書き始めてはいけません!
ブログを始めた直後にまだまだやっておかなければならないことがたくさんあります。

そこで今回は、記事を書き始める前にしておくべきWordPressの設定について記載したいと思います。

HTTPS化する

HTTPS化したことによる暗号化通信は、SEO対策の一つとなります。
その理由はGoogleが公式にHTTPSに移行することを推奨していることが挙げられます。

Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

 

サイバー攻撃が横行している現代で、HTTPS化することは、SEO対策として行う以前に「常識」と言っていいでしょう。
実際にHTTPS化するための方法は以下の記事で紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。

管理画面を隠蔽する

管理画面の隠蔽は、データの改ざんや消失などを防ぐために必要な設定であると考えています。
デフォルトの管理画面のURLは、独自ドメインの後ろに「/wp-admin」と入力するだけで誰でもアクセスできてしまいます。
ユーザ名やパスワードも手当り次第時間をかければログインまで辿り着いてしまう危険性もあるので、是非対応したいところと言えます。

設定方法については、以下の記事でも紹介しておりますので、参考にして頂ければと思います。

目次の自動挿入を設定する

目次はどの書籍を読んでも必ず書いてあります。
同じようにブログの記事でも目次は必要です。
何故なら、この記事ではどの順番で何を教えてくれるのかが冒頭で追えるからです。

また、冒頭の部分は知ってるから読み飛ばしたいという時も目次があると見たい場所までジャンプさせることができます。
目次が無いと、どこから読みたい部分が始まるのか探さなくてはなりません。
これって結構面倒なので、読者は「もういいや」と言ってあなたのサイトから離脱してしまうでしょう。

ただ、目次を一々手で設定するのも面倒なので、プラグインに任せてしまいましょう。
オススメは「Table of Contents Plus」というプラグインです。

デザイン性もよく、見やすい目次が特徴的となっています。

コードを最適化する

WordPressは、PHP、HTML、CSS、JavaScriptと言ったプログラミング言語が使われています。
基本的には触らない部分ですが、これらのプログラミング言語のコードを整理することで、Webサイトの表示速度を上げることができます。

何故、Webサイトの表示速度が大事かの理由がこちらになります。

  • サイト表示が1秒から3秒になると32%の人が離脱してしまう。
  • サイト表示が1秒から5秒になると90%の人が離脱してしまう。
  • サイト表示が1秒から6秒になると106%の人が離脱してしまう。
  • サイト表示が1秒から10秒になると123%の人が離脱してしまう。

出典:Think With Google

Googleがこのような調査結果を報告しています。
つまり、アクセスしてページが表示されるまでに読者が待ってくれる時間は2秒以内ということになります。
プログラミング言語のコードを整理することでこの数字以下もしくはそれに近い数字で動作させることができます。

そしてこのプログラミング言語のコードを整理してくれるプラグインが「Autoptimize」になります。
Autoptimize は、これらのことをやってくれるだけでなく、サイトが重くなる原因でもある絵文字やGoogleフォントと言った文字の種類まで制御してくれます。

画像の遅延表示を設定する

通常Webサイトにアクセスするとそのページで使用されている画像を全てダウンロードしてからページを表示します。
そうするとどうなるかと言うと、やはりページを表示するまで時間がかかってしまい、読者の離脱に繋がってしまいます。

また、全てのデータをダウンロードしてしまうので興味のないサイトだった場合は、無駄にパケットを読者に消費させてしまうのです。
これはユーザビリティの面から考慮すべき点です。

そこで画像の表示を遅延させることが出来るプラグインが「BJ Lazy Load」になります。
このプラグインは、読者がページをスクロールして画像付近まで来たときにだけデータをダウンロードする仕組みになっています。
これにより、ページの表示速度を向上させるだけでなく、読者に無駄なパケットを消費させない配慮もなされているため、SEOの観点からも実施することをオススメします。

画像を圧縮する

画像のデータは1個1個が大きい場合があります。
先述しましたが、データが重ければ重いほどページを表示するまでに時間がかかり、読者に無駄なパケットを消費させてしまいます。
画像のデータを圧縮し、データ容量を小さくすることで、ページの読み込みも早く、ユーザビリティの向上になります。

そこで画像を圧縮するプラグインが「EWWW Image Optimizer」になります。
こちらは、元の画像と見分けがつかないほど鮮明ですが、データ容量は元のデータより小さくすることが出来るので、重宝している人も多くいます。

TeraTermのインストール

レンタルサーバのほとんどは、Linuxと呼ばれるOSが使用されています。
Linuxは、コマンド入力により操作を行うことが前提で作られたOSなので、操作を行うにはターミナルツールと呼ばれるツールが必要不可欠です。
そしてのそのターミナルが「TeraTerm」となります。
TeraTermは、IT業界ではかなりメジャーなツールで知らない人はいないほど。
このツールを使うことでLinuxで動作するOSの設定などを行うことができます。

以下のサイトから[Teraterm]をインストールしてください。
基本全てデフォルトで良いので「OK」や「次へ」をクリックしていきましょう。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/

SSHの許可設定

エックスサーバを使用している場合は、以下の手順に従ってSSHの設定を行いましょう。
SSH接続機能について

SSHの設定が終わったらサーバへアクセスします。
SSHソフトの設定(Tera Term)

以下のコマンドでドキュメントルートにアクセスします。

  • エックスサーバを使用している場合
cd /[アカウント名]/[独自ドメイン名]/public_html/
  • 独自でサーバを構成している場合
cd /[ドキュメントルート]

リビジョン管理

SSHの続きとなります。

リビジョン管理とは、いわゆるデータのバックアップです。
記事を更新したり下書きとして保存したりすると自動で作成されます。

このリビジョン管理の利用用途として、たとえば「記事を書いてる途中でブラウザを消してしまった」「やっぱり前の方が良かった」という時、元に戻す操作がWordPressには標準で可能となっています。
しかし、このリビジョン管理は通常消すこともできず、上限を設定することもできません。

そのため、更新を何回もかけるとその分リビジョンがどんどん増えていきます。
リビジョンがどんどん増えていくと、記事を保存しているデータベースが肥大化してしまいます。
データベースが肥大化すると、やはりページの表示速度にも影響が出ます。

このようなことが無いよう、予めリビジョンの上限を設定もしくは停止することをオススメします。

vi wp-config.php

 

リビジョンの設定を行います。
wp-config.phpの最終行に以下の記述があると思います。

require_once( ABSPATH . 'qp-settings.php');

 

キーボードの「INSERT」キーまたは「i」キーを押下します。

そして、先程の行より上に以下を追記します。
[false]と書かれている部分は、リビジョン管理を無効にします。
[false]の代わりに数字を入れるとリビジョンの上限を設定できます。

/*リビジョン制限*/
define("WP_POST_REVISIONS", false);

 

参考画像は以下のとおり。

リビジョン管理

編集が終わったらキーボードの「ESC」キーを押下し、以下のコマンドを入力します。
そしてキーボードの「ENTER」を押下します。

:wp

データの圧縮

ユーザビリティ向上を行う設定はまだあります。
それが「.htaccess」によるデータの圧縮とキャッシュの保存です。

Xserverの場合、まずSERVER PANEL(サーバパネル)にアクセスします。

htaccess編集

設定したいドメインの「選択する」をクリックします。

ドメイン選択

「.htaccess編集」のタブをクリックします。

htaccess設定

一旦初期で入っている内容を削除し、以下の文字列をコピーします。

# BEGIN rlrssslReallySimpleSSL rsssl_version[3.2.3]
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !https
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
</IfModule>
# END rlrssslReallySimpleSSL
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
<IfModule mod_deflate.c>
  # 画像等は再圧縮させない
  SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpg|png|ico)$ no-gzip dont-vary
  # 圧縮するコンテンツタイプを指定
  # Compress HTML, CSS, JavaScript, Text, XML and fonts
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/vnd.ms-fontobject
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-otf
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-truetype
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
  AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
  AddOutputFilterByType DEFLATE font/opentype
  AddOutputFilterByType DEFLATE font/otf
  AddOutputFilterByType DEFLATE font/ttf
  AddOutputFilterByType DEFLATE image/svg+xml
  AddOutputFilterByType DEFLATE image/x-icon
  AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
  AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
  AddOutputFilterByType DEFLATE text/javascript
  AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
  AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
  # Remove browser bugs (only needed for really old browsers)
  BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
  BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
  BrowserMatch \bMSIE !no-gzip !gzip-only-text/html
  Header append Vary User-Agent
</IfModule>
# END WordPress
ErrorDocument 404 /404.html
ErrorDocument 500 /500.html
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_AllCacheMode

スマホの表示件数を変更(やりたい人のみ)

スマートフォンの表示件数とパソコンやタブレットで表示できる記事の数を変えたいという人のみ行ってください。
※たとえば、パソコンやタブレットでは記事の表示件数を5件、スマートフォンの人は3件で表示させたい など

WordPressの左側メニューから「外観」 > 「テーマエディタ」の順にクリックします。
子テーマを使用している人は子テーマの「function.php」、親テーマを使っている人は、親テーマの「function.php」の最終行に以下を追加します。

//スマホの表示件数を変更する
function mobile_pre_get_posts( $query ) {
    if ( ! is_admin() && wp_is_mobile() && $query->is_main_query() ) {
        $query->set( 'posts_per_page', 5 );
    }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'mobile_pre_get_posts' );

 

「$query->set( ‘posts_per_page’, 5 );」の数字の部分を変えることで表示件数をコントロールできます。
function.phpを編集するのはリスクがあるため、自己責任でお願いします。

ランキングサイトへの登録

ランキングサイトへの登録は、被リンクを集める意味でもやっておくべき対応だと考えています。
詳細は、以下の記事で記載していますので、よろしければこちらも一読頂ければと思います。

おすすめのランキングサイト

ランキングサイトに登録したら、Pingの送信先を確認します。
記事の投稿・更新を行うとWordPressが自動的にPingを送信します。
これにより新着記事があることをランキングサイトへ通知することができます。

【にほんブログ村の場合】
「記事管理」 > 「記事反映/Ping送信」の順にクリックし、表示されたURLをコピーします。

にほんブログ村 ping

 

【人気ブログランキングの場合】

「更新情報(Ping)」をクリックし、Ping送信先URLをコピーします。

人気ブログランキング ping

WordPressの左側メニューから「設定」 > 「投稿設定」の順にクリックします。
「更新情報サービス」の空白にランキングサイトのPINGの送信用URLを貼り付けます。

更新情報サービス

さいごに

今回記載した内容は、SEO対策に加え読者への配慮も行った設定となります。
結果として自分のサイトをより良くすることにもつながるので決してやっておいて損はありません。

正直かなり面倒だと思いますが、あとあと設定するより最初に行うほうが良いので対応は早めにやっておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事