出典:写真AC

これからブログを立ち上げたいと思ったらWebサイトを作らなければなりません。

WordPressを使うとしてもテーマによっては、自力でカスタムする必要があったり、カスタムしても素人感があるのは否めません。
無料のテーマでもデザインがいいものはたくさんありますが、柔軟にカスタムすることができないものがほとんど。

そこで今回は、どうすれば美しいサイトを作ることが出来るのかについて記載したいと思います。

有料テーマを使用する

有料テーマは導入した直後の状態でもそれなりに完成されたものが多く、自分でカスタムするのが難しいと感じる人にとっても都合がいいと思います。

当サイトでも使用しているWordPressテーマ「DIVER」という有料テーマを使用しています。
DIVERは、デザイン性も優れているうえ、SEO対策もしっかりされていることや、不明点があればメールでのサポートもしてくれます。
連絡に対する返事も早いので満足度はかなり高いと思います。

価格は、約1万8000円と高めですが複数のサイトで使いまわしが公式に許されているので複数のサイトで使用すれば実質半値になります。

DIVERについての詳細はこちらをご参照頂ければと思います。

 

外注する

デザイン性や機能性をどこまで作りこんでいくかによりますが、外注するという選択肢があります。
プロ・アマ問わずスキルに自信のある人たちが集まる「ココナラ」では、Webサイト制作、アイコン、イラスト、バナーなど様々なジャンルで活躍されている方がいます。


オリジナルのWordPressテーマを作成してもらうもよし、自分が用意したテーマをカスタマイズしてもらうもよし。
どのようなサイトにしたいかのビジョンがあれば、それを制作者に依頼することでやってもらうことができます。

値段は人によって異なるので、何とも言えませんがしっかりしたものを作りたいと思うのであれば10万円以上は見た方がいいでしょう。
金額だけ見ればたしかに高いですが、その分デザインもそうですがSEO対策や集客力も考慮されたサイトを制作してくれます。

せっかくお金を払って作ってもらうので、中途半端な覚悟で制作してもらっても宝の持ち腐れになるだけなので、しっかりブログを運営し続けるという覚悟が必要です。

独学する

独学が一番時間はかかりますが、一番安価でサイトを構築できます。
インターネットも充実しているので、カスタム方法も探せば見つかります。

まずは自分が使っているテーマを色々触ってみましょう。
どこを操作できてどこが操作できないのかを把握するのも大切です。

また、バナーやトップページの画像等は、特別なソフトはいりません。
「PowerPointo」があれば十分色々作れます。

過去に投稿した画像の半分は、PowerPointで加工しており、もう半分はWindows標準の「MSペイント」で加工しています。
画像の素材写真は、「写真AC」というサイトから調達しています。

別の機会に「PowerPoint」を使用した画像の加工方法について記載したいと思います。

さいごに

ざっくりですが、美しくキレイなデザインのブログを作るにはお金を掛けた方が一番手早くできます。
イチから勉強すると膨大な時間がかかってしまいます。

多少のお金で解決できるならそっちを選んだ方がいいと思います。
場合によっては、セキュリティーホールと呼ばれるセキュリティの穴を突いた攻撃に遭うこともないとは言えません。

プロが作ったものであれば少なからず素人よりは確実に色々知っているので安心度は高いといえます。

スポンサーリンク

おすすめの記事