出典:写真AC

前回、独自ドメインについてお話しました。

独自ドメインを取得しただけでは、ブログは作れません。
取得したドメインとWebサイトを表示させるためのサーバが必要で、この2種類を用意出来て初めてブログを作成することができるのです。

最も手軽にサーバを用意する方法としてレンタルサーバがあります。
しかし、レンタルサーバは数多く存在し結局どれがいいのか分からないと思います。

そこで今回は、数多くあるレンタルサーバからどれを選べばいいのかについて記載したいと思います。

サーバとは

そもそも「サーバ」とはという部分からお話します。

サーバとは一般的にユーザが特定のサービス(Webサイトを表示させる など)を受けるためにアクセスするコンピュータのことを指します。
サーバはユーザが利用する端末(パソコン・スマートフォン・タブレット 等)が相互に通信を行うことで成立します。
この言葉は頻繁登場することになるので是非覚えておきましょう。

レンタルサーバは、有償のサービスでユーザが選択したプランによって性能に違いが出たりします。
たとえば、提供されるディスク容量や通信速度の良し悪しなどがあります。

ディスク容量

レンタルサーバに必ず表記されている「ディスク容量」ですが、これは契約したユーザが使用することができるデータの容量を指します。
たとえば100GBの容量で契約した場合は、100GB分の画像やその他のファイルを保存することができるのです。

よほどキレイな画像(「解像度が高い」などという)でない限り1個あたりのデータは、1MBも無いことが多いのでかなりの数を保存することができます。
しかし、例として2つのサイトを運営しようと思ったらデータは単純に2倍となるので、容量の減りは多くなると思います。
とは言え、2個のサイトを運営する程度ではこの100GBの容量を消費するのは大変なので実質「無制限」に近いです。

マルチドメイン

通常1サーバ1ドメインが原則ですが、「マルチドメイン対応」と表記されているレンタルサーバがあります。
このマルチドメインとは、複数取得した独自ドメインを1つのレンタルサーバと関連付けることで、月額費用はそのままに複数のWebサイトを運営することができます。

ただし、ディスク容量の上限は契約した容量までですので、100GBのディスク容量で契約したのなら1個のWebサイトでも100個のWebサイトでも保存しておけるデータは「トータル100GBまで」となります。

また、ドメインの数はレンタルサーバによっては数を制限されているので複数Webサイトを運営することを検討しているのであればこちらも確認しておきましょう。

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバでオススメの料金プランとスペックについて記載します。

  • プラン:スタンダード
  • 月額費用:524円
  • 容量:100GB
  • マルチドメイン:対応 (最大100個)
  • WordPress:対応
  • SSL証明書 費用:無料
  • 特典:記載なし
  • SLA(稼働率):99.99% (月間4.32分 サーバが停止)
  • SLA保証:記載なし
おすすめ度
評価理由月額費用も抑えられ、容量も申し分無いですが、SSDと呼ばれるデータの高速読み書きに対応していないのと、特典が特に見受けられなかった点からこの評価とします。

さくらのレンタルサーバ

お名前.com レンタルサーバ

お名前.comのレンタルサーバを利用する場合のオススメの料金プランとスペックについて記載します。

  • プラン:RSプラン
  • 年額費用:10,780円(12ヶ月分まとめ払い)
  • 容量:250GB オールSSD
  • マルチドメイン:対応
  • WordPress:対応
  • SSL証明書 費用:無料
  • 特典:ドメイン実質無料/レンタルサーバ初期費用無料
  • SLA(稼働率):99.99% (月間4.32分 サーバが停止)
  • SLA保証:SLAを下回った場合は至らなかった稼働率に応じて返金あり
おすすめ度
評価理由年額費用なので高く見えるかもしれませんが、月額費用で換算すると980円なのでそこまで高くありません。
また、SSDに対応していてデータの高速読み書きが可能なのでWebサイトの表示に時間がかかると言ったことがありません。
特典も充実していておすすめですが、細かい設定項目が無いので、この評価とします。
ただ、SLA(稼働率)に対する保証があるので安心して使うことも出来ると思います。

お名前.com

wpX Speed

wpX Speedは、X Serverが運営しているレンタルサーバです。
wpX Speedを利用する場合のオススメの料金プランとスペックについて記載します。

  • プラン:W1
  • 月額費用:1200円 (1時間ごとに2円の課金)
  • 容量:200GB オールSSD
  • マルチドメイン:対応 (無制限)
  • WordPress:対応
  • SSL証明書 費用:無料
  • 特典:記載なし
  • SLA (稼働率):記載なし
  • SLA保証:記載なし
おすすめ度
評価理由時間課金なので多少高いですが、総じて高機能です。
サポートも充実しているので不明点があればヘルプデスクサービスへ問い合わせすることも出来ます。
高度なセキュリティ対策やバックアップ機能も充実しています。
ただし、初心者の方には難しい機能が多くあるので迷ってしまう可能性はあります。
Webサイトはページのダウンタイムが地味に影響するので機会損失も考えられます。
wpX SpeedはSLA(稼働率)の記載が見つけられなかったので少し評価を落としました。

wpx
スポンサーリンク

ConoHa WING

ConoHa WING(コノハウィング)はGMOが運営するレンタルサーバです。
ConoHa WING(コノハウィング)を利用する場合のオススメの料金プランとスペックについて記載します。

  • プラン:ベーシック
  • 月額費用:1100円
  • 容量:250GB オールSSD
  • マルチドメイン:対応 (無制限)
  • WordPress:対応
  • SSL証明書 費用:無料
  • 特典:期間限定で特典を出している場合あり
  • SLA (稼働率):99.99% (月間4.32分 サーバが停止)
  • SLA保証:SLAを下回った場合は至らなかった稼働率に応じて返金あり
おすすめ度
評価理由wpX Speedと同等以上の機能があります。
価格も比較的安いので費用を抑えてかつ、サーバの性能が高性能なのでかなりオススメできます。
また、SLA(稼働率)に対する保証もあるので安心して使うことができます。

conoha

スポンサーリンク

Xserver

Xserverを利用する場合のオススメの料金プランとスペックについて記載します。

  • プラン:X10
  • 初期費用:7260円 (初期費用3000+月額1200円×3ヶ月)
  • 月額:4ヶ月目以降月額1000円
  • 容量:200GB オールSSD
  • マルチドメイン:対応 (無制限)
  • WordPress:対応
  • SSL証明書 費用:無料
  • 特典:ドメイン無料で1個プレゼント
  • SLA (稼働率):99.99% (月間4.32分 サーバが停止)
  • SLA保証:記載なし
おすすめ度
評価理由初期費用は他のレンタルサーバに比べて高めの設定です。
ですが、4ヶ月目以降はwpX Speedよりも格安でかつ、同等以上の機能を有しています。
Webアクセラレータと呼ばれるWebサイトを高速表示してくれる機能まで備わっているので表示速度が遅いことによる機会損失が大幅に減少させることができるのでおすすめです。

エックスサーバ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめの記事