Google Adsense

ブログで収益化させるにはGoogle Adsenseの審査を通すことが必須とも言えます。
しかし、この審査は他の人が書いている通り中々厳しいのです。

不合格の通知が届くと「ユーザにとって価値がほとんどないページ」など中々辛辣な感じで書かれているためちょっと落ち込んでしまいます。

そこで今回は、Google Adsenseに「一発」で合格するための方法について記載したいと思います。
※必ず一発で合格出来るわけではありません。あくまで合格する確率を極力高めるための記事となります。

一発で合格するには

まずは、審査に合格するには10記事程度の記事があれば十分です。
当サイトも8記事程度で審査に出し、一発で合格することができました。

ただし、ただ10記事用意すればいいというものではありません。
中身のある記事にしなければ上記で示したように「ユーザにとって価値がほとんどないページ」と言った内容で審査に落ちてしまいます。
では、どのような記事を書けばいいのか。

答えは既に書かれている通り、「ユーザにとって価値があればいい」のです。
まずは、10記事分何を書くかを考えそれぞれの記事において「ユーザにとって価値のあるサイト」にすることを意識した内容にする必要があります。

ユーザにとって価値のあるサイトとは

個人的な見解になりますが、「ユーザにとって価値のあるサイト」は、読者の疑問や悩みなどを解決できるようなサイトであると思います。

疑問や悩みを解決できるサイトを作成することによってそのサイトの存在価値は上がっていきます。
これを積み重ねていくことで検索結果の上位も狙うことが可能になります。

こちらに記事の書き方の概要について記載していますので、併せて読んで頂けますと幸いです。

1記事あたりの文字数

1記事あたりの文字数はどのくらいがいいのかについてですが、文字数は多いに越したことはありません。
以下の内容が記事に含まれていれば1000文字以下でも良いと思っています。
※文字数が少なくても簡潔に内容を書けるのであればですが。

記事を書く時に注意すること
  • タイトルとキーワードを一致させた内容にする
  • 文章構成を考えて記事を書く
  • 記事のテーマに関する網羅性を考える
  • 難しい言葉や専門用語は極力控える

参考までにこのブログで審査を通した時の1記事あたりの文字数は平均して2000文字以上です。
文字数稼ぎのためにダラダラと文章を長くしても読者は読む気を失せてしまうので注意しましょう。

ここまでのことを守って記事を書いていけば一発で合格出来る確率は非常に高くなります。

Google Adsenseの審査に出す

今まで挙げた内容を基に10記事用意したら審査に出してみましょう。
前提条件として、Googleのアカウントが必要なのでまだ登録していない場合は、先に登録しておく必要があります。

Google Adsenseにログインし、「サイト」 > 「サイトの追加」をクリックします。

Google Adsense 審査

サイトのURLを「https://」または「http://」から入力します。

サイトのURL

「Adsense コード」に記載されたプログラムコードをコピーし、<head>~</head>タグ内に貼り付けます。
Google Adsenseのページを開いたまま自分のサイトに行きます。

サイトをAdsenseにリンク

普通にヘッダー内に直で書いてもいいのですが、WordPressで作成されている場合テーマをアップデートする度に消えてしまうので、「Insert Headers and Footers」というプラグインを導入してもいいと思います。
※インストール方法は省略します。

「設定」 > 「Insert Headers and Footers」の順にクリックすると以下の画面が表示されますので、「Scripts in Header」にペタっと貼るだけなので簡単です。

InsertHeader&Footers

Google Adsenseのページに戻り、「送信」ボタンをクリックして審査を申請します。
あとは最大2週間程度待つだけになります。

私が運営している1個目のブログは審査にMAX値である2週間かかりしかも審査に落ちてしまいました。
再度審査に出してまた2週間待ってようやく審査に通りましたので1回不合格になるだけで1ヶ月かかる場合もあります。
そのため、Google Adsenseの審査は一発で決めたいところです。

当サイトの場合は、1週間程度で審査結果が届きましたので待ち時間は結構マチマチです。

さいごに

色々書いてきましたが、記事の書き方は難しく考える必要はありません。
簡単に言えば、「今日は○○したよ~」という記事を「○○するためには~」という記事にするだけです。

要するに自分中心ではなく、読者目線での記事にすることで「価値のあるサイト」に変貌を遂げることが出来るのです。
検索エンジンはこのようなサイトを好むのでアクセス数も同時に上げることができ、サイトの収益化もできるので一石二鳥です。

この記事を読んで頂いた方のご武運をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

おすすめの記事