出典:写真AC

これからブログを立ち上げようとしたとき、最初に立ちはだかる壁が「ブログのジャンル」となります。

ここを誤るとブログが続かなかったり、アクセスが伸びなかったり、記事が書けなかったりなどの不祥事が発生してしまいます。
今回は、ブログのジャンルはどうやって決めればいいのかについて記載したいと思います。

記事の書きやすさから決める

記事の書きやすさは非常に重要と言えます。
書きたいことが元々あるのならいいのですが、これから書きたいことを決める際、とっさに思いついたジャンルで書こうとするとすぐにネタ切れになり続きません。

勢いで書き出す前に本当にそのジャンルでいいのかについて今一度考えてみましょう。
そうすることでブログを長く続けることができるだけでなく、質のいい記事を生み出すこともできます。

とは言え、いきなりどのジャンルが自分にとって書きやすいか考えろと言われても難しいと思います。

以下のように考えると決めやすいかもしれません。

ジャンルの決め方
  • マニアックなレベルで知らなくても自分の中で得意とすることをジャンルにする
  • 自分の趣味をブログのジャンルにする
  • ファッションやオシャレ系のジャンルにする

こんな人におすすめ

初めてブログを書こうと思った人にオススメです。

初めてブログを書こうと思った人はいざどんなジャンルにしようか迷った時、役に立つと思います。
ブログは「継続は力なり」の世界です。

長く続けられなければ大した成果も出ずに終わってしまいます。
なので、長く続けるためには記事の書きやすさを重視するのが一番だと考えています。

にわか知識でも持っていれば、不足分は別のところから情報を補えばいいので困ることはあまりありません。

注意点としては、目的を見失うとブログを継続させることが困難になってしまうため、「何のためにブログやってるんだっけ」と言った状況にならないように気をつけましょう。

収益から決める

アフィリエイトの世界において、収益の出やすいジャンルとそうでないジャンルが存在します。
収益の出やすいジャンルでブログを始めれば、他のジャンルで書くよりも収益を得られる可能性は高くなります。
そして1回の収益も大きいので上手く運用することができれば安定した収入になることでしょう。

欠点としては、どんなことを書いていけばいいのかイメージがつかないジャンルを選んでしまった場合、他者の記事と似ているものになってしまったり、記事の質も落ちやすい傾向にあるため難しいと言えます。

たとえば、仕事関係のジャンルを選んだ場合、アルバイトや就職、転職のことに詳しくないと何を書いていけばいいのか分からないと言ったこともありえます。

知識はなくても調査したり、ライティングスキルがある方には向いているかもしれません。

収益のいいジャンル
  • アルバイト・就職・転職関係
  • 旅行関係
  • 車関係
  • 銀行・クレジットカード関係
  • 株・FX関係

こんな人におすすめ

ライティングスキルに自信がある方にオススメです。

しかしながら、この手のジャンルは敵も多く、それぞれ記事の書き方が異常なほど上手です。
また、大手の会社が出している記事もあるので検索結果上位に持っていくことも難しいと言えます。
このジャンルで挑む場合は、他者のブログを研究し、その記事を上回るような内容にしなければなりません。
そして、読者の心を掴む記事を書き、広告へ誘導出来るかがポイントと言えます。

このことからライティングスキルに自信がなければ恐らく勝ち目はありません。

とはいえ、上記に挙げたジャンルは1回成約することができれば収益が大きいのも事実です。
普通の物販系では、せいぜい売上の1%からよくて10%なので、1万円のものを買ってくれても10円か100円そこらにしかなりません。
これらのジャンルはアフィリエイトにおいて売上単価が高く、1回で数千円の収益になることもあります。

世間が求めている情報を発信する

このジャンルはいわゆる新聞記者のようなものになります。
日本だけでなく世界の情勢は日々変化しているので、そのことについて調査を行い発信していきます。

報道されている内容を書いてるだけではただの似たりよったりな記事になるだけなので、自分なりに調査を行いテレビや新聞などでは取り上げられない情報をネタにしなければなりません。

これは新聞記者や雑誌の編集者などを経験していないと難しいのではないかと思っています。
その理由は、調査をするにしてもインターネットでの調査だけでは既出の内容ばかりになりますので、読者からすれば「結局この記事も他と同じようなことばかり」という印象になってしまいます。

他の人とは違う自分だけの情報を得るというのは人脈も必要であり、毎日情報を探っていくことになるので本職レベルにならないとやっていけないと思います。
そしてさらに難しいと思うこととして、1日経った記事はもう古い情報です。

毎日変化したことを発信し続ける忍耐も必要です。

そのため、一般の人には正直おすすめしません。

さいごに

自分で決めたブログのジャンルはブレないようにしたいところです。
複数のジャンルを選択するというのもアリですが、基本路線は変えてはいけません。

何故なら、どんなブログにしたいかが自分でも分からなくなるからです。
自分でも分からないブログを誰が理解してくれるでしょうか。

そういった意味でもブログのジャンルはとても重要です。
せっかくやるのであれば、ここもしっかりと考えた上でやっていきたいところですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事