出典:写真AC

独自ドメインを取得したけどエックスサーバでサイトが表示できない。
当然ですが、独自ドメインを取得しただけでは、URLを入力してもサイトを表示することはできないのです。

これはDNSとWebサーバの紐付けができていないことが原因です。
そこで今回は、外部で取得したドメインをエックスサーバで使用する方法について記載したいと思います。
※エックスサーバでサーバを契約時に独自ドメインをプレゼントされている場合は、この操作は不要です。

DNSとは

まずDNSとは何だ?という話からしなければなりません。

DNSとは、Domain Name Systemの略で一般的にURLからサーバのIPアドレスに変換してくれるシステムのことを指します。
普段みなさんは「https://wp-blog.site」などURLを入力したり、貼られたリンクをクリックして見たいページにアクセスしていると思います。

リンクをクリックすると、ものの1秒~3秒程度でページが出てきますが、裏ではとんでもない量の情報をサーバやネットワーク機器が捌いているのです。
詳細な話をすると混乱すると思うので、かいつまんで話をするとパソコンやサーバ、ネットワーク等はURLだけ分かってもその場所へ辿り着くことができません。

パソコンやスマートフォン、タブレット等から目的のサイトへアクセスする際は、インターネットを介してサーバにたどり着きますが、この時ネットワークは「IPアドレス」を基に対象のサーバへ辿り着いています。

つまりURLとIPアドレスが紐付かないと目的のサーバへ辿り着くことができないのです。
そこで登場するのがDNSサーバと呼ばれるサーバです。

DNSサーバはURLとIPアドレスを紐付けすることが出来るサーバで、「このURLはこのIPアドレスだからそっちへ行ってね」と教えてくれるのです。
これを「名前解決」といいます。
ムームードメインお名前.comと言ったドメイン管理業者は必ずこのDNSサーバを持っています。
通常DNSの向き先は変更する必要はあまりありませんが、エックスサーバの場合は、指定のDNSへ変更しないとアクセスが出来ない仕様となっているため、向き先を変更してあげる必要があります。

DNSの向き先を変更する

早速DNSの向き先を変更します。

今回は、お名前.comでドメインを取得した場合の方法を記載します。
※他者でドメインを取得した場合はその方法に従ってください。

初めにお名前.comにログインし、左側メニューにある[ネームサーバーの設定] > [ネームサーバーの変更]の順にクリックするか、真ん中の一覧から[ネームサーバーの変更]をクリックします。

ネームサーバの変更

取得したドメイン名をクリックすると、「ネームサーバー情報を入力」と表示されます。
初期値ではお名前.comのDNS名が記載されていますが、エックスサーバを使用する場合は、こちらを変更します。

ネームサーバー情報を入力

初期値で入っているDNSを一旦全部消します。
そして以下の情報を入力します。
※1行に付き1つのDNSサーバ名を記載してください。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

 

行が足りない場合は、[追加入力]をクリックすることで増やすことができます。

入力後「確認画面へ進む」をクリックし、保存します。

しばらく放置する

DNSの向き先を変更すると、世界中のDNSに情報を通知してくれます。
これには数時間~24時間程度かかる場合もありますが、概ね1時間~2時間程度で完了できることが多いです。

気になるようであれば、以下を試してみて情報が更新されているか確認してみてもいいでしょう。

はじめに、[スタート] > [Windows システム ツール] > [コマンド プロンプト]の順にクリックします。

コマンドプロンプト

真っ黒い画面が出てきますので、以下のコマンドを入力し、キーボードの「Enter」キーを押下します。

nslookup [ドメイン名]

 

すると[Address]という項目に数字が出てきますが、これがサーバの「IPアドレス」と呼ばれるものになります。
今度は、ドメイン名から表示されたIPアドレスに変更して入力します。

nslookup [表示されたIPアドレス]

 

すると、「xxxx.xserver.jp」と表示されることが分かります。
このような状態になっていれば、エックスサーバのIPアドレスとDNSの紐付けが完了したことを意味します。
ただし、変更されたばかりの場合は元々のサーバ名が表示されたり新しいサーバ名が表示されたりと色々錯綜しますので、数回ちらちらやってみるといいでしょう。
何度やってもエックスサーバのサーバ名しか表示されなければDNSの向き先は完全に終わったと思っていいと思います。

nslookup

サイトが表示されるか確認する

自分が取得した独自メインでサイトが表示されるか確認してみましょう。

URLに自身が取得した独自ドメインを入力し、アクセスします。
この時、特に何もしていなければエックスサーバの初期画面が表示されるはずです。

xserver初期ページ

このようなページが表示されれば、無事完了となります。

スポンサーリンク

おすすめの記事