出典:写真AC

ブログでいくつか記事を書いてもアクセス数が「0」のまま。
いつになったらアクセスしてくれるのだろうか。
こんなことを考えている人は大勢います。

そこで今回は、ブログでアクセス数が入り始めるのはいつからなのかについて記載したいと思います。

アクセス元について

はじめに、いつからアクセスが入り始めるのかについて話す前にアクセス元について知っておく必要があります。
アクセス元というのは、どこから自分のサイトへ辿り着いたかということになります。
主なアクセス元はおおよそ以下のとおりとなります。

主なアクセス元
  • 検索エンジン
  • リスティングサービス
  • SNS
  • 他者が書いたブログの記事
  • ブログのランキングサイト
  • 直接アクセス

他にも様々なアクセス元があったりしますが、概ね上記に記載したところから自分のサイトへ辿り着くことが多いと考えていいでしょう。

検索エンジンによるアクセス

GoogleやYahooと言った検索エンジンにヒットするとアクセスされます。
※細かいことは一旦おいておく

読者が検索エンジンを使用して検索を行い、自分のサイトへ辿り着くことを「自然流入」といいます。
よく見かける単語として「SEO」と呼ばれるものがありますが、これは「検索エンジン最適化」を英語にしたSearch Engine Optimizeの頭文字を取った用語です。
検索エンジンは1ページ目の1番上に表示されたサイトが一番よくアクセスされます。
そのため、SEOを上手く活用して検索結果の1ページ目の1番上をみんなが目指しているのです。

低コストでアクセス数を増やすには検索結果による自然流入が一番と言えます。

リスティングサービスによるアクセス

リスティングサービスとは、いわゆる広告のことを指します。
Google検索などを行うとこのように[広告]と表示されたサイトが出てきますよね。

この広告は、個人または企業が自分のサイトを宣伝するためにGoogleやYahooなどのリスティングサービスにお金を払うことで掲載されています。
そのため、お金さえ出せばあっという間にアクセス数を増やすことが可能になります。
※掲載期間などにより金額が変動します。

仕組みは、以下のようになっています。

  • 広告を出したいという個人または企業(「広告主」という)が自分のサイトをリスティングサービスに申請します。
  • リスティングサービスに広告費をチャージします。
  • リスティングサービス側が広告主のサイトを承認すると広告が表示されます。
  • 読者が[広告]と表示された検索結果をクリックするたびに単価で設定した金額だけチャージ額から引き出されます。
  • チャージ額が0になるかマイナスになる、または掲載期間が終了すると広告表示は消滅します。

デメリットとして広告費を上回る売上がないと、ただアクセス数を集めただけで終わってしまい出費だけが増えてしまうので注意しましょう。

SNSによるアクセス

SNSはみなさんも使っているであろうTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアがこれにあたります。

最近ではSNSの発達が目覚ましいのでSNSで活動を行うとそこからのアクセスが見込まれます。
アクセス元として検索エンジンの次に狙うべきはSNSであると考えています。

他者が書いたブログの記事によるアクセス

良質な記事を書き続ければ、検索結果上位はもちろんですが、他者が書いたブログで「ここのサイトの方が詳しいですよ」と紹介してくれることもあります。(被リンクといいます)
そして他者が書いたブログなどを見た読者が自分のサイトへ流れてきてくれるのです。

これにより、アクセス数も増えることは間違いないと言えるでしょう。
1人だけでも十分効果はありますが、それが3人、10人と増えればさらにアクセス数は伸びます。
競合サイトつまり自分にとっては「敵」であるにも関わらず、支援してくれることもあるのです。
よって、支援してくれた人の期待を裏切らないよう良質な記事を書くことを目指し続ける必要があります。

良質なサイトからの被リンクはSEO的にも効果があり、結果として検索エンジンからの自然流入も増やすことが望めます。

ブログのランキングサイトによるアクセス

ブログのランキングサイトは、サイト内で上位になることでもアクセス数が見込まれます。
ランキングサイトは、検索エンジンと異なります。

ランキングサイトは、INポイント(自身のブログ→ランキングサイト)とOUTポイント(ランキングサイト→自身のブログ)の2つのポイントを総合的に判断して順位を付けています。
このポイントを多く貯めれば貯めるほどランキング上位になることができ、結果としてアクセス数を伸ばすことが可能になります。

また、固定ファンを作ることもでき、普通に記事を投稿すれば瞬時に反映されるため、ファンの人は「新着記事だ」と興味を示してアクセスしてくれるのです。
さらにランキングサイトに登録すると、自動的に被リンクもしてもらえるので、これもまたSEO的に効果があると言えるでしょう。

直接アクセス

最終的に目指すべき場所は直接アクセスです。
ブラウザに登録された「お気に入り」や「URLの直接入力」からのアクセスがこれにあたります。

あなたのブログ記事が待ち遠しいと思っている、または自分のためになるサイトと認知してくれなければお気に入りに登録してくれないため、直接アクセスは達成できません。
SEO対策による自然流入も大きなアクセスアップにつながることは間違いないですが、このように直接アクセスしてくれる読者も増やすことを目指しましょう。
直接アクセスしてくれる人が増えたら、あなたのサイトは着実に有名になりつつあります。

短いURLであれば、お気に入りに登録されなくても読者が覚えている可能性はあるのでURLの長さも重要と言えるでしょう。

ブログでアクセス数が出始めるのはいつからか

前置きがだいぶ長くなってしまい申し訳ございません。
本題ですが、アクセス数が出始めるのはいつからかということについて触れていきたいと思います。

検索エンジンからの場合

ブログを書き始めて自然流入が出始めるのは概ね30記事程度からちょっとずつ入り始めます。
もちろんブログのジャンルや書いた記事の内容、検索ボリュームなど様々な要因はあるので10記事でも検索エンジンによる自然流入が見込まれる場合もありますが、大体一般的には30記事からという意見が多くあります。

それまでは検索エンジンからの自然流入は無くほぼ「0」の生活になるでしょう。
そしてこの30記事を達成するには時間がかかる場合があります。

専業主婦など1日の内何時間かまとまった時間を設けられるのであれば2つ程度は書けるかもしれませんが、普段忙しい人の場合は数日に1記事しか書けないということもあります。
これも人のペースによりますが、ブログをやり始めの人は大体2ヶ月程度はかかると見るべきと考えておきましょう。
(焦って色々連投してもすぐにネタ切れを起こします。)

リスティングサービスからの場合

お金さえ用意すれば1記事からでもアクセスが見込めるでしょう。
お金さえあれば…

ただし、コンテンツが充実していないにも関わらずリスティングサービスによるアクセスを増やしても何の利益も得られず、ただ出費するだけの存在になるため、最初の内にリスティングサービスを利用したアクセスはお金の無駄なのでオススメしません。

他者が書いたブログの記事の場合

他者がブログを書く時行き詰まると他者もまた検索エンジンを使って別のサイトを参考にしたりします。
そして参考にした結果、自分が書こうとしていることより詳しく書いていればその人のリンクを貼ってくれます。

この時、検索結果にヒットしなければ自分のサイトを知ってもらうことができないため、コンテンツを充実させ安定的に自然流入が見込めるまでは期待できません。
これはあくまで私の勝手な考えであり根拠はありませんが、50記事以上書かないと見つけてもらうのは困難ではないかと思っています。

ランキングサイトの場合

無料で登録できるので、0記事状態で登録しておき、1記事でも投稿すれば多少なりともアクセスは望めるでしょう。
20記事~30記事程度の記事を投稿すればアクセス数は少ないかもしれませんが、何となく1日あたりのアクセスは安定してきます。

もしブログを始めるのであれば、SEO対策としても有効なので是非登録しましょう。

直接アクセスの場合

直接アクセスしてくれるにはそれなりに充実したコンテンツが必要です。
そして「このサイトは自分にとって為になる」と思わせる記事がたくさんなければお気に入りに登録してくれませんので、当然アクセスは見込めません。

URLも長かったり、難しい英語などを使っていると読者は覚えていない可能性もあるので中々難しいと思われます。
ただし、URLが多少長くても上記に記載したとおり、読者が自分のためになると思えばお気に入りに登録してくれるので、この場合は直接アクセスが見込めます。

こうなるには、概ね50記事以上が必要ではないかと考えています。

【番外編】Google Adsenseの承認

Google Adsenseというブログに広告を貼ることができるサービスがあります。
アフィリエイターには必須とも言えるGoogle Adsesnseですが、かなり審査が厳しいものとなっております。

Googleは読者にとって『価値のあるサイト』を常に選別しています。
『価値のないサイト』と判定されてしまうと容赦なく『不合格』を食らってしまいます。

審査が厳しいことから中々審査に通らず悩む人も少なくありません。
Google Adsenseの審査に合格するには、概ね10記事程度のコンテンツがあれば十分合格を狙えます。

Google Adsenseの詳細については別途記載しようと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事