出典:写真AC

ブログをやっていると「月間100万PV達成」というような言葉をよく見ると思います。
実際PVって何?と思う方もいると思います。

そこで今回は、「PV」とは何かについて記載したいと思います。

PVとは

PVとは、「Page View (ページビュー)」の略で何ページ分アクセスされたかという指標になります。
例えば月間1万PVであれば、「1か月の間に1万ページ分アクセスされた」ということになります。

アクセス数とは少々異なり、PV数はアクセスされたページ数でカウントします。
PVの概念的な感じでいうと下図を参考にしていただければと思います。

PV 概念

PV数はたとえあなたのブログに1記事しかなくても100人がその記事にアクセスすれば100PVですし、100記事それぞれに1人ずつアクセスされても100PVです。

1記事は極端かもしれませんが数が、記事数が少なければ読者が読みたいページを読み終わったらそのままお帰りになられてしまいます。
そのため、アクセス数=PV数のような状態になります。

しかし、数十記事以上あったらどうでしょうか。
読者が最初にアクセスしたページを読み終わったあと、他に気になるページももしかしたら出てくるので、次に繋がるかもしれません。
そうすればアクセス数に対してPV数が上回る状態になります。
これは一般的に「回遊率」とも呼ばれます。

アクセス数との違い

アクセス数とPV数は多少異なると記載しました。
では一体何が違うのでしょうか。

PV数は、今まで書いた記事に対して何ページアクセスされたかでしたが、一般的にアクセス数はユーザ数を指します。
遊園地に例えてみましょう。

アクセス数は、遊園地でいう来場者数であり、記事数は観覧車やメリーゴーランド、ジェットコースターと言ったアトラクションの数です。
そして来場者がいろいろなアトラクションを利用することをPV数とすれば分かりやすいでしょうか。

PV数が増えるとどうなるのか

ブログは読んでもらえてなんぼの世界です。
ただ、せっかくたくさんの人に読んでもらえるのなら収益化したいですよね。
情報提供に対する報酬のような感じだと思ってもらえればいいです。

Google Adsenseのような広告を設置し、PV数を増やすことで収益を得ることができます。
ただし、すぐに数千円、数万円を手に入れられるわけではなく地道にやっていかなければ収益という収益はありません。
むしろレンタルサーバ代でマイナスのまま(ポジティブに考えれば実質割引状態)です。

商品レビューをして読者に買ってもらうにしてもPV数が増えなければ客の少ないお店と一緒です。
まずは、収益云々よりもPV数をある程度増やすことを目指した方がいいでしょう。

一応収益の目安のようなものを記載します。

PV数と収益の目安
  • 月間3000PV前後:1000円
  • 月間3万PV前後:1万円
  • 月間30万PV前後:10万円
  • 月間300万PV前後:100万円

なんて言われていますが、まったく当てになりません笑
やり方が下手なだけかもしれませんが、別のブログでは2020年1月に月間5000PV突破しても500mlペットボトル1本買える程度でした。
やり方によってはこの目安以上にはなるのかもしれませんので否定もしません。
ですが、当てにはしないようにしましょう。

PV数を増やすには

PV数を増やすには「回遊率」を上げることで実現できます。
遊園地で1個のアトラクションを利用して帰る人はあんまりいませんよね。
お金が勿体ないという理由もあるでしょうが、お金のことは一旦置いておくとして基本的には「楽しいから」だと思います。

ブログも「楽しい」「面白い」「為になる」「これなんだろう?」と読者に思わせることが出来れば回遊率は上昇します。
回遊率が上がれば同時にPV数も増えます。逆を言えばPV数を増やしたければ回遊率を上げるべきと思います。

さて、問題はどうすればこの回遊率を上げられるのでしょうか。
やり方はいくつかありますが、簡単にできる内容を以下に記載したいと思います。

回遊率を上げる方法
  • 記事を量産する
  • 過去に書いた記事を今書いている記事に挿入する
  • サイドバーに記事の一覧を入れる
  • 記事の最後に関連ページやおすすめ記事の一覧を入れる

方法1:記事を量産する

とにかくブログの記事を増やしましょう。
ただそれだけですが、もちろんちゃんと中身のあるしっかりとした記事でなければいけないことをお忘れなく。

もしブログを始めたばかりなのであれば、まずは「30記事」を目指してみましょう。
この数字は、個人的な感覚でしかありませんが、検索エンジンからのアクセスが入り始める頃です。

「30記事」に到達出来たら次は「50記事」を目指してみましょう。
50記事書く頃には、月間3000PV以上にはなっていると思います。
書く人が書けばとっくに1万PVや10万PVは行っているかもしれませんが、たぶんそれは元々プロが新しくブログを立ち上げた時だけだと思うのであまり気にしてはいけません。
月間3000PV超えれば上等だと思います。

これをどんどん積み重ねていきましょう。
記事の数だけ入り口ができ、入り口が多ければ人が来る確率は高くなるのです。

方法2:過去に書いた記事を今書いている記事に挿入する

あなたがブログの記事をすでにいくつか書いているとします。
そして新しく記事を書くとき、過去に書いた記事を関連するページとして挿入してみましょう。

たとえばAという記事をすでに書いていたとして今はBという記事を書いています。
Bの記事にAの記事と関連することが出てきたら、「こちらも一緒に読んでね」と謳ったうえで関連記事であるAの記事のリンクを載せるのです。

Bの記事をよく知るためにはAの記事を知っておかなければならいので、Aの記事を読みに行ってくれる場合があります。
必ずしもアクセスされるわけではありませんが、1人でもアクセスしてくれればこれで2PV獲得できます。

方法3:サイドバーに記事の一覧を入れる

当サイトでも取り入れている「新着記事」と「人気の記事」の一覧をサイドバーに入れてみましょう。

サイドバー

読者が今読んでいる記事は結構前に投稿したものかもしれません。
「新しく投稿した記事があるよ」というのを掲示することで、興味を惹かせる作戦です。

そして、「このブログではこの記事が人気だよ」という掲示も一緒にすることで「ちょっと見てみようかな」という気持ちにさせることができます。

方法4:記事の最後に関連記事の一覧を入れる

サイドバーに一覧を挿入するのと同じ原理で、記事の最後に関連記事やおすすめの記事一覧を入れてみましょう。

記事下

サイドバーは、記事下に一覧を置くのと比べて目視されにくい傾向にあります。
記事下であれば、ページの最後まで読んでくれれば必然的に目に入ります。

特に「関連記事」などと記載しておけば「これも知っておいた方がいいかも」と思わせることができ、次に繋げることが出来ます。
これを実現するにはカテゴリーを正しく設定し、関係のない記事が無いが含まれていないかの確認も行う必要があります。

まとめ

  • PVとは何ページ分読まれたかの指標
  • アクセス数は来場者の指標
  • PV数を上げたいなら回遊率を上げること
  • 回遊率を上げる方法はいくつもある
  • PV数に対する収益の目安はあくまで「目安」程度にすること
スポンサーリンク

おすすめの記事