おすすめWordPressテーマ『DIVER』のここがすごい

みなさんは『DIVER(ダイバー)』というWordPressテーマをご存知でしょうか。
DIVERは、有償のWordPressテーマで機能も多岐に渡り、初心者でも分かりやすく操作しやすいのが特徴です。
国産なので説明がすべて日本語になっているので、難しい英文を読まなくて済むという特徴もあります。
また、本格的にブログを始めたいと思っている方にもオススメのテーマです。

そこで今回は、DIVERをオススメする理由を記載したいと思います。

プラグインの数を削減できる

プラグインは、WordPressの機能拡張やシステム上の利便性向上に一役買っている便利なツールです。
このプラグインは、一般的に概ね15個~20個以内が理想と言われており、多くのプラグインを入れると逆にパフォーマンス(Webサイトの表示速度低下 など)が悪くなる場合があります。

DIVERは一般的にインストールされるプラグインを使わず標準で実装されているで、かなり軽量化されたサイトを構築できます。
たとえば、以下のプラグインが不要になります。

  • SEO対策プラグイン (例:All in one SEO Pack)
  • SNSなどのソーシャルボタンを設置するプラグイン (例:WP Social bookmarking light)
  • 人気の記事のランキング表示をするプラグイン (例:WordPress Popular Posts)
  • アクセス解析プラグイン (例:Google Analytics by Yoast)
  • 広告系プラグイン (例:Ad Inserter)
  • プロフィール系プラグイン (例:About Me 3000 widget)
  • スマートフォン・タブレット対応系プラグイン (例:WPtouch)

これらは全てDIVERの設定上で行えますのでプラグインを追加しなくても必要であればすぐに利用できます。
これだけでプラグインの数を7個は削減できますので、かなり軽量化できると思っていいでしょう。

カスタマイズできる要素がたくさんある

無料のテーマはカスタマイズできる数がかなり少ないので、「ここをこうしたい」というのが中々できません。
DIVERは、見出しの色や形、ファビコン(ブラウザのタイトルに表示される画像)の設定、サイトのロゴの設定など様々な部分がカスタマイズができるので、オリジナルのブログサイトを構築しやすくなります。
また、DIVERは子テーマも同時にインストール可能なので親テーマがアップデートされたことによってせっかく施したカスタマイズが消えてしまうこともありません。
さらにウィジェットの項目やウィジェットを差し込める箇所も豊富なため、自由自在にサイトを構築できる大変便利な機能を数多く持っています。

標準でSEO対策がされている

プラグインの削減の部分で触れましたが、DIVERは手に入れたその時から高度なSEO対策がされています。
「All in One SEO Pack」は、WordPress必須のSEO対策プラグインとして人気がありますが、それすら不要になるほど高機能なのです。

もの凄く丁寧かつ、詳細に記事にされている方がいらっしゃいますので、以下のサイトを参考にしてみてください。
Diver Review Note

私では書ききれないほどDIVERを使いこなしていますのでとても参考になります。

記事の補助機能が充実している

記事を書く際、記事が魅力的になるような機能がたくさんあります。
これにより、記事が見やすくなったり、魅力あふれる内容させることができ大変便利です。

DIVER 入力補助

機能一覧
  • 見出し:記事の大項目・小項目を追加できます。
  • ボタン:そのままボタンが設置できます。
  • バッジ:ワンポイントとなるアイコンを設置できます。
  • 囲い枠:この表のような枠を作成できます。
  • 区切り線:hrタグのような線を引くことができます。
  • リストデザイン:この表のようなリストを作成できます。
  • アイコン:←のようなアイコンを挿入できます。
  • グリッドレイアウト:記事を縦に分割できます。
  • 引用:他のページに記載されている内容を引用できます。
  • AMP表示:スマートフォンを利用している場合とそうでない場合に表示する内容を切り替えることができます。
  • 横棒グラフ:グラフのようなものを作成できます。(実際はグラフではない)
  • 吹き出し:セリフのような枠を作成できます。
  • 口コミ:口コミ投稿のような枠を作成できます。
  • 会話:キャラクターAとBが交互に会話しているような記事を作成できます。
  • ランキング:商品などのランク付けをしたい場合に使用できます。
  • レビュー:★の数で評価を表示することができます。(小数点単位で設定可)
  • レビュー表:表に見出しと内容と★を入れることができます。
  • ポップアップ:入力した内容をポップアップ画面で表示できます。
  • Q&A:よくある質問などで使用できます。
  • コード:[HTML] [CSS] [PHP] [JavaScript] などのWebプログラムコードを挿入できます。
  • トグル:折りたたみ可能な枠線を挿入できます。
  • QRコード:QRコードを挿入できます。
  • 記事一覧:今まで書いた記事を一覧表示できます。

サポートが充実している

DIVERの使い方で不明点があった場合のサポートが充実しています。
原則DIVERのお問い合わせフォームからメールでの問い合わせになりますが、返信が早く丁寧な返事が来るので利用者としても安心して使えるのがポイントです。
私も数回使用したことがありますが、とても満足な対応をして頂けました。

DIVERの金額

気になる金額ですが、DIVERは17,980円で販売されています。
WordPressの有料テーマにしては、少々金額は高めですが「高い」と感じさせないほど高機能です。
また、1度購入してしまえば使い回しすることができるのもポイントです。

通常、1サイトにつき1個という制約がある場合が多いですが、DIVERは無制限なので約1万8000円で購入したテーマを2サイトで運営すれば実質価格9000円、10個なら1800円でかなりお得と言えます。
今後本格的なブログを運営していくならDIVERを買っておけば、まず間違いないと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめの記事