出典:写真AC

多人数でチャットが楽しめるWordPressのプラグイン「Wise Chat」をご紹介します。

完成系

はじめにWise Chatの完成系は以下の図のようになります。
とても見やすくデザイン性もいいものとなっています。

wisechat

Wise Chatのインストール

「プラグイン」 > 「新規追加」の順にクリックします。

プラグイン 新規追加

キーワードに「wise chat」と入力します。
「Wise Chat」が表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

wisechat_install

「有効化」をクリックします。

wisechat_有効化

Wise Chatの設定

「設定」 > 「Wise Chat Settings」の順にクリックします。

wisechat_設定

General

general

  • Mode:チャットのデザインを変更できます。(有償版のみ)
  • Disable Anonymous Users:匿名ユーザを無効にする
  • Access for Roles:購読者/寄稿者/投稿者/編集者/管理者の中から選択 (特段不要)
  • Force Username Selection:ユーザ名の入力を必須にします。
  • Read-only For Anonymouse:匿名ユーザは読み取り専用にする
  • Read-only For Roles:購読者/寄稿者/投稿者/編集者/管理者の中から選択 (特段不要)
  • Collect User Statistics:ユーザの国情報などの統計を収集します。
  • Enable BuddyPress:有償版のみ使用可
  • Enable Opening Control:チャットを使用できる日を設定します。
  • Opening Days:チャットを使用できる曜日にチェックを入れます。
  • Opening Hours:チャットを使用できる時間帯を設定します。

External Login

有償版のみ使用できる項目となるため、割愛

external

Messages Posting

Messages Posting

  • Message Maximum Length:1回に送信できる最大文字数を設定します。
  • Enable Links:投稿されたURLをクリックできるようにします。
  • Enable Twitter Hashtags:Twitterのハッシュタグを有効にします。
  • Emoticons Set:絵文字を設定します。

 

 

Messages Posting_2

  • Enable title Notifications:着信があった際ブラウザのウィンドウタイトルに通知を表示します。
  • Message Sound Notification:着信があった際音で通知します。
  • Enable Join Notification:ユーザーが参加すると、「ユーザーはチャンネルに参加しました。」のメッセージを表示します。
  • Join Sound Notification:ユーザが参加すると音で通知します。
  • Enable Leave Notification:ユーザが退室すると、「ユーザーはチャネルを離れました。」のメッセージを表示します。
  • Leave Sound Notification:ユーザが退室すると音で通知します。
  • Mentioning Sound Notification:@UserName表記を使用して特定のユーザを指定した際音で通知します。

 

Messages Posting_3

  • Enable Images:画像の投稿を許可します。
  • Enable Uploader:アップローダーがローカルストレージまたはカメラ(モバイルデバイス)から写真を送信できるようにします。
  • Size Limit:データのサイズを指定します。
  • Maximum Width:写真の幅の最大サイズを指定します。
  • Maximum Height:写真の高さの最大サイズを指定します。
  • Thumbnails Maximum Width:サムネイルの幅の最大サイズを指定します。
  • Thumbnails Maximum Height:サムネイルの高さの最大サイズを指定します。

 

Messages Posting_4

  • Enable Uploader:ドキュメントファイルのアップロードの有効化
  • Allowed File Extentions:許可する拡張子を設定します。
  • Size Limit:データファイルのサイズを指定します。

 

Messages Posting_5

  • Enable Youtube Videos:YouTubeリンクを検出し、それらをビデオプレーヤーに変換します。
  • Player Width:ビデオプレイヤーの幅を指定します。
  • Player Height:ビデオプレイヤーの高さを指定します。

Moderation

使用することはないため、割愛

Apperance

Apperance

  • Theme:チャットのテーマを選択します。
  • Background Color:背景色を指定します。
  • Font Color:文字色を指定します。
  • Font Size:文字の大きさを指定します。
  • Width:チャットの幅を指定します。
  • Height:チャットの高さを指定します。

 

Apperance_2

  • Messages Limit :起動時にロードされるメッセージの最大数を指定します。
  • Messages Order:新しいメッセージを上にするか下にするかを指定します。

 

Apperance_3

  • Background Color:文字の背景色を指定します。
  • Font Color:文字色を指定します。
  • Username Font Color (any user):ユーザ名の文字色を指定します。
  • Username Font Color (logged in users):ログインしているユーザーが送信したメッセージのユーザー名および文字の色を指定します。
  • Username Font Color (logged in users in roles):ユーザー名のフォントの色を指定します。(使うことはない)
  • Font Size:文字の大きさを指定します。
  • Message Time Mode:メッセージの横に日付と時刻を表示します。
  • Message Date Format:日付の表示フォーマットを指定します。
  • Message Time Format:時刻の表示フォーマットを指定します。
  • Inline Message:メッセージとユーザー名を同じ行に表示します
  • Username Display Mode:ユーザ名の表示モードを選択します。
  • Username Link Template:ユーザ名のリンクテンプレートを指定します。
  • Show Avatar:有償版のみ
  • Enable Message Editing:有償版のみ

 

Apperance_4

  • Show User List:ユーザ一覧を表示します。
  • Enable Private Message:有償版のみ
  • Show Avatars:有償版のみ
  • Show National Flags:IPアドレスを基にその国の国旗を表示します。
  • Show City And Country:IPアドレスを基に国と地名を表示します。
  • Users List Width:ユーザーのリストの幅の割合
  • Background Color:ユーザリストの背景色を指定します。
  • Font Color:ユーザリストの文字色を指定します。
  • Font Size:ユーザリストの文字の大きさを指定します。
  • Auto-hide User List:自動でユーザリストを表示にします。
  • Auto-hide Width Threshold:ユーザーリストが表示されているときのチャットウィンドウの最小幅
  • Hide Anonymous Users:匿名ユーザはユーザリストから非表示にする
  • Hide User Roles:チェックを入れたアカウントはユーザリストから非表示にする
  • Usernames Mode:[ユーザ名表示モード] オプションに設定されているユーザ名を表示します。

 

以降の設定項目は有償版のみ利用可能なため、割愛します。

Emoticons

有償版のみのため割愛

Emoticons

Channels

Channels

  • Channels:ユーザーのカウンターの精度を指定します。
  • Auto-remove Messages:古いメッセージを削除する時間を指定します。
  • User Limit:チャットに参加可能なユーザの最大数を指定します。(基本空でいい)
  • Channels Limit:ユーザが同時に参加できるチャンネルの最大数を指定します。(空でいい)

Filters

Filters

  • Enable Filter:フィルターの有効化
  • Replacement Text:禁止ワードを置換する文字列を指定します。

Bans

Bans

  • Current Bans:現在禁止されたユーザが表示されます。
  • Add New Bans:禁止するユーザを追加します。
  • Enable Automatic Bans:禁止ワードなどを既定値以上使用するとそのユーザを自動的に禁止ユーザにします。
  • Threshold:禁止ワードの使用回数を指定します。(デフォルト3回)
  • Duration:ロック解除までの時間を指定します。(デフォルト1440秒=24時間)
  • Enable Flood Control:スパム検知を有効にします。
  • Threshold:特定の時間内にメッセージを投稿できる時間を指定します。(既定値200を超えるとスパムとして検知)
  • Time Window:スパム制御の時間を指定します。
  • Duration:投稿禁止時間を指定します。(デフォルト1440秒=24時間)

Kicks

ユーザをチャットから強制退場させます。
特に設定等はないので割愛します。

Kicks

Localization

Localization

  • Hint Message:メッセージ入力フィールドに表示されるヒント メッセージを指定します。
  • User Name Prefix:匿名ユーザのデフォルトの名前を指定します。
  • Submit Button Caption:送信ボタンの名前を指定します。
  • Window Title:チャットのタイトルを指定します。
  • “Save” Messages:メッセージを保存した際の名称を指定します。
  • “Reset” Messages:リセットボタンの名前を指定します。
  • “Nmae” Messages:名前を指定する際の名称を指定します。
  • “Customize” Messages:設定ボタンの名前を指定します。
  • “Sending” Messages:設定ボタンを押した際のメッセージを指定します。
  • “Mute Sounds” Messages:ミュートにした際のメッセージを指定します。

 

Localization_2

  • “Text Color” Message:文字色を変更する際のメッセージを表示します。
  • “Total Users” Message:ユーザ数を表示する際のメッセージを表示します。
  • “sec.ago” Message:何秒前の投稿かを表示するメッセージを表示します。
  • “min.ago” Message:何分前の投稿かを表示するメッセージを表示します。
  • “yesterday” Message:昨日の投稿されたメッセージをどのように表示を指定します。
  • “Insert an emotion” Message:絵文字を投稿する際のメッセージを表示します。
  • “Insert into message” Message:メッセージに追加するメッセージを指定します。
  • “Upload a picture” Message:画像をアップロードする際に表示するメッセージを指定します。
  • “Attach a file” Message:ファイルを追加する際に表示するメッセージを指定します。
  • Channel Authorization Hint:承認されたチャンネルのヒントを表示させるメッセージを指定します。
  • “Log in” Message:ログインボタンの名称を指定します。
  • “Enter your username” Message:ユーザ名を指定するよう促すためのメッセージを指定します。
  • Message input hint:複数行入力するやり方を表示させるメッセージを指定します。
  • has left the channel:退席した旨のメッセージを表示します。

 

Localization_3

  • has joined the channel:ユーザがチャンネルに参加した時に表示させるメッセージを指定します。
  • “No user in the channel” Message:誰もチャットに参加していない場合のメッセージを指定します。
  • Message error #1:使用が許可されていない文字が含まれている際のエラーメッセージを指定します。
  • Message error #2:同じ名前が使用されている場合のエラーメッセージを指定します。
  • Message error #3:禁止ワードを使用したメッセージを投稿しようとした際に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #4:ログインしているユーザーのみがチャットに入ることができる旨を表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #5:チャットが利用可能な時間帯でない場合に表示させるエラーメッセージを指定します。
  • Message error #6:ユーザが満員の時に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #7:許可されていないファイルを投稿した際に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #8:投稿されたファイルサイズが大きすぎる場合に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #9:ログインパスワードに誤りがある場合に表示するエラーメッセージを指定します。

 

Localization_4

  • Message error #10:同時に参加可能なチャンネル数を超えた場合に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #11:禁止ユーザがログインしようとした場合に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message error #12:ユーザがブロックされている場合に表示するエラーメッセージを指定します。
  • Message text #1:メッセージがスパム検知した際に表示するメッセージを指定します。

Advanced

Advanced

  • AJAX Engine:チャットで使用するAJAXエンジンを指定します。
  • Refresh Time:自動リロード時間を指定します。
  • Enable Debug Mode:デバッグモードを有効にします。
  • Enable Errors Reporting:エラーレポートを有効にします。
  • AJAX Validity Time:AJAXリクエストが有効な時間を指定します。
  • Enable XHR Request Check:AJAXリクエストの「X-Requested-With」ヘッダーのチェックを有効にします。

チャットの設置方法

固定ページまたは、記事の投稿画面にて以下のショートコードを使用することでチャットを設置することが出来ます。
[wise-chat channel=”my-channel-name”]

サイドバーにチャットを表示したい場合は、ウィジェット欄で「Wise Chat Window」を任意の場所にドラッグ・アンド・ドロップすることで設置できます。

ウィジェット

スポンサーリンク

おすすめの記事