【Google Analytics】単に設置するだけじゃダメ!

Google Analyticsはもはや説明するまでもないほど有名なアクセス解析ツールです。
アクセス数の情報を収集することでどのくらいアクセス数があるのかを調査することができます。

WordPressでブログを立ち上げたらまずやっておきたいところですね。

今回は、そんなGoogle Analyticsの登録方法について記載したいと思います。

新規で登録する

まず、Google Analyticsへログインします。

赤枠の歯車マークをクリックし、[アカウントを作成]をクリックします。

アカウント名を入れましょう。
とりあえず表示するだけの項目なので項目は何でもいいです。

下にスクロールすると色々チェックする項目があります。
推奨項目にチェックを入れて[次へ]をクリックします。

今回はWebサイトなので、[ウェブ]にチェックを入れましょう

[ウェブサイトの名前]と[ウェブサイトのURL]を入力し、[業種]と[レポートのタイムゾーン]を選択しましょう。

注意
  • ウェブサイトのURLは「http」と[https]どちらかをプルダウンメニューから選びましょう。
  • 業種は何でもいいですが、自身のウェブサイトのコンテンツがどのジャンルに当たるかを選びましょう

色々規約とか出てくるのでチェックしましょう。

ウェブサイトトラッキングのコードが表示されますのでコピーします。

[Insert Header and Footer]などのプラグインがあると簡単にHeaderへコードを書くことが出来ます。

実際に自身のサイトへアクセスしてみましょう。
[Google Analytics]の[リアルタイム]を選択すると[1]と表示されます。
既にある程度アクセス数があるのならこの数字は変わってきますが、立ち上げたばかりであればこのような表示になります。
表示がされれば正しくGoogle Analyticsの設定は完了しています。

「DIVER」なら?

有料のWordPressテーマである「Diver」ならトラッキングIDをコピーして[Diverオプション] > [Google Analytics設定]の画面へ行き、[トラッキングID]を入れておしまいです。
簡単ですよね?

「Diver」が優れている点として、Google Analyticsの正確なアクセス数を確認できることにあります。

たとえば、記事を投稿して自分で読み返すなどするとき、一回自分のサイトへアクセスしますよね。
他にもサイトデザインを変えたりするのにも自分のサイトへアクセスして確認したりすることもあるでしょう。
そうすると自分のアクセス数が大半を締めてしまい、正確なアクセス数(PV数)を確認できません。

[トラッキングから管理者を除外]にチェックを入れておけば、管理者ログインしている状態で自分がサイトを周回してもGoogle Analyticsへはアクセス数がカウントされません!

よって正確なPV数をカウントすることができるのです。
今日は「100PVあった!」と喜んでいてもそのアクセス数は自分がほとんどなのでがっかりします。

Google Analytics上での設定でこれを実現するには

個人的に「Diver」はおすすめなので多少お金が掛かっても使ってもらいたいと思うほど高性能ですが、そこまでお金をかけられないという人もいるでしょう。
無料のテーマなんかはこの辺設定できるものは少ないので、Google Analytics上で設定を行うしかありません。

まずは、Google Analyticsへアクセスします。
[管理] > [フィルタ] の順にクリックします。

[フィルタを追加]をクリックします。

[新しいフィルタを作成]にチェックを入れます。
任意の[フィルタ名]を設定します。
フィルタの種類を[定義済み]にし、[除外]/[IPアドレスからのトラフィック]/[等しい]にしましょう。

で、肝心のIPアドレスはこちらのサイトから確認しましょう。
今回はぼかしていますが、IPアドレスと呼ばれる数字の羅列が表示されるのでこの数字をコピーします。
その後、上の図の[IP アドレス]欄にコピーした数字を貼り付けます。

あとは[保存]しておしまいです。

注意
  • 今回入力したIPアドレスは、インターネットサービスプロバイダ(通称「ISP」)から配布されたアドレスです。
  • 固定IPアドレスは高額で申し込んでいる家庭はほとんどないと思います。
  • よって、定期的にアドレスが変更される場合がありますのでたまには自分のIPアドレスが変更されていないか確認しましょう。
  • この操作はスマートフォンでも同じことができます。
  • ただし、スマートフォンであろうとパソコンであろうとIPアドレスが変わってしまえば、このフィルタは使い物になりません。

さいごに

Google Analyticsは、様々な設定を行うことが可能ですが、今回は設置後最低限やっておいた方がいいと思われることについて記載しました。

数百、数千のアクセスになればもはやどうでもいいくらいにはなりますが、最初の内に正確なアクセス数が知りたいと思うのなら是非フィルター設定はしておきましょう。

可能なら「Diver」をブログのテーマとして取り入れ、簡素化しましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事